読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休憩まだもらってないです

アパレル販売員の過去を持つ私の、毒にも薬にもならない思い出を綴るブログです

想像を遥かに超える

私たちの会社では、ランダムに(個々の雰囲気に合わせて)振り分けられたブランドにて、バックヤードでの商品管理のアルバイトと称した入社前研修があった。

 

販売員の仕事とひとくちに言っても、接客や品出しという想像しか出来なかった私に取って、バックヤードという小さな空間での此れでもかという仕事量に結構驚いた。

 

私たちはバックヤードの事を”ストック””ストックルーム””裏”など様々な呼び方をした。主に”ストック”という呼び方をする事がほとんどだった。ストックの中には、個人の荷物、業務用パソコン、商品、陳列備品、消耗品、文房具などが収納されており、共有で使う大きなロッカールームと倉庫といったようなイメージである。

 

お客さんとしてしかお店の事を知らなかった私は、初日に、ストックはここだよ、と案内された。正直、「狭っ」と思った。本当に、人がすれ違えない位の狭さ。そこに、店舗にとって大切なものが全部入っている。コート、ジャケット、シャツ、ブラウス、パンツ、スカート、カットソー、ニット、小物。ハンガーにかかったものと、品番毎に袋詰めされたもの。圧倒され、息が止まりそうになる。こんなに沢山の商品の中から、お客様に「これの色違いありますか」「このサイズはありますか」と言われたものを、即座に選び抜き、お客様の元に持って行く。…すげえ。

 

毎日入荷があり、一箱一箱カッターで開封し、伝票と商品の内容が合っているかどうかを確認する。終われば、伝票をファイリングし、店頭に出す準備をする。防犯用のちょっとやそっとでは取り外せないタグを一点ずつ付け、素材や型によってハンガーにかけたり、畳んで用意する。ボトムスはサイズ展開があるため、売れる型は全サイズ用意したり。準備した商品は、店長がディスプレイに使うまではあの狭いストックに置いておく。店頭出しする商品以外は、”在庫分”として例によって品番毎に収納する。その作業が終われば、段ボールを廃棄する。

 

この一連の流れも、文字にしてしまえば簡単そうな事であるが、入荷量は日によって違い、とんでも無い量が入ってくる事もある。また冬場のニットやコートは嵩張る為、収納出来ない事がある。そんな時には工夫をこらして、ストックの整理をするか、売れ行きの悪い品番の商品を段ボール詰めにし、別の離れた倉庫へ持って行く。そしてスペースを確保する。

 

接客をする為には商品が必要。商品を並べるためには品出しの作業が必要。品出しの作業に入る前に、入荷商品の検品作業は必要不可欠。…全ての「こと」が繋がっている事はもちろん理解出来るが、すごすぎる。接客とストック業務を上手く両立させているこの人達は本当にすごすぎる。と思うばかりだった。